浮気している暇なんかない!宅建合格への近道

宅建取得のための学習方法としまして、独学や通信講座、通学などの方法がありますが、この方法は一度決めたら合格するまでずっと変えることはしないようにしましょう。
学習を始めたころは何もわからず、ただがむしゃらに進めているだけだと思うのですが、学習も中盤を迎えてきますとほんの少し心に余裕ができてきます。
そんなときに「別の方法はどうなんだろう」や「別のテキストはどんな感じで進めているんだろうか」などと思ってしまいがちです。

 

そしてこの時に別のテキストを見て、もしもそのテキストがわかりやすく書かれていたり、自分のテキストには載っていない項目などを見つけてしまうと、一気に不安に襲われてしまいます。
「今のテキストでいいのだろうか」
「この方法で合格できるのだろうか」
など、マイナスな方向へと向かってしまいかねません。
もちろん優秀な方はいくつものテキストを比較しながら学習を進めることも可能ですが、その方法は決して効率的な学習方法だとは考えられません。
そのためにも、まずは今使っている一冊のテキストを完璧にこなすことだけを目標にすることが大切です。
たくさんのテキストを一度にみてしまいますと、結局はたくさん学習したつもりでも、実は同じ範囲が違う書かれ方をしていただけど、実際には学習量が少なかった…なんてことも起きてしまうのです。